menu
閉じる
  1. 子供美脚の為の習い事
  2. 子供を美脚にしたい
  3. 魚の目や傷跡の改善策
  4. 冬の脚むくみ
  5. 冷え性の原因は脚の形にあった!?
  6. 美脚モデルの裏技
  7. スキニーパンツは自分に合ったサイズを選ぶことが大事
  8. 短い脚でも長く見せる事ができる
  9. 足首が太い!!
  10. 脚脱毛のやってはいけないこと
閉じる

脚やせ・脚を細くする方法|美脚の学校

脚痩せは呼吸から

asiyase-kokyuu

正しい呼吸がダイエットへの近道。姿勢が悪いと痩せにくい、寒い冬は痩せにくい…この原因は姿勢や寒さによる呼吸の深さが原因だったのです。
正しい呼吸を意識して、痩せやすい体作りをしましょう。

姿勢が悪いと呼吸が浅くなる

特に冬の時期は、寒くて体を丸めがちです。体を丸めて過ごすと筋肉が縮こまります。そんな状態が続いた体は、筋肉が緊張し固くなり呼吸が浅くなります。

寒くて体を丸めると、腰や背中そして首部分を内側に縮めます。この時、お腹の筋肉や胸の筋肉、喉の筋肉が閉じた状態になるのです。

お腹や胸・喉には呼吸に必要な「腹直筋」「腹横筋」「内腹斜筋」「外腹斜筋」「助軟骨間筋」「内助間筋」「外助間筋」「斜角筋」「胸鎖乳突筋」と言った様々な筋肉が存在しています。

これらの筋肉が閉じることによって、深い呼吸が出来ず浅い呼吸になってしまうのです。

浅い呼吸は代謝を悪くする

呼吸が浅いということは、血液中に送る酸素の量も少なくなるということ。このことが原因で、血液の流れやリンパの流れが悪くなり、老廃物を排出する機能が低下し、余分な水分や脂肪分が体内に蓄積するという結果を招きます。

そして代謝が悪くなった体は、浮腫みやすくなり痩せにくくなるのです。

正しい呼吸をするためには

正しい姿勢を心がけましょう。そして、体を反らすストレッチが効果的です。

体を反らし筋肉を開くことで、呼吸の弁が開き筋肉も和らぎます。体の緊張=筋肉の緊張をほぐすことが大切です。

心も体もリラックス

呼吸にはストレスも大きく関係しています。ストレスが溜まれば呼吸も乱れます。ストレスを無くしリラックスした時間づくりを心がけましょう。

その為にも、入浴や運動はとても効果的だと思います。

注目脚痩せグッズ情報

関連記事

  1. 美しいレッグラインを保つ秘訣

  2. tyakutai

    菜々緒 美脚の秘訣

  3. これであなたもナマ脚デビュー!!

  4. 脚痩せ運動を効率よく行うポイント

  5. 脚痩せ・脚集中型

  6. 痩せにくい「かた太り」脚は〇〇で改善!!

新着記事

  1. kodomo-asi
  2. kodo-bikyaku
  3. fuyu-asi
ページ上部へ戻る