menu
閉じる
  1. 子供美脚の為の習い事
  2. 子供を美脚にしたい
  3. 魚の目や傷跡の改善策
  4. 冬の脚むくみ
  5. 冷え性の原因は脚の形にあった!?
  6. 美脚モデルの裏技
  7. スキニーパンツは自分に合ったサイズを選ぶことが大事
  8. 短い脚でも長く見せる事ができる
  9. 足首が太い!!
  10. 脚脱毛のやってはいけないこと
閉じる

脚やせ・脚を細くする方法|美脚の学校

魚の目や傷跡の改善策

夏場の素足や冬場でもデニール数が低いタイツを履くとき、足にある魚の目・タコ、傷や傷跡が気になってしまう人いますよね。

治せるものなら治したい!消せるものなら消したいものです!

今回は、そんな足(脚)におけるトラブルの改善策をお教えします。

魚の目・タコの改善策

そもそも「魚の目」と「タコ」は別物。しかし大きな関わりもあります。

子供のころ、鉄棒をした後指の付け根部分の皮膚が固くなった!歩き過ぎて足の裏に出来物が出来た!という経験があると思います。これが「タコ」です。

地域によっては「マメ」と呼ぶところもあります。

この「タコ」は自然と治ることが多いです。早く治したい場合は、固くなった皮膚にオイルや保湿クリームを塗って、極力「力」をかけないように心がけて下さい。

そして、タコよりも厄介なのは「魚の目」です。

この「魚の目」が発症する原因には、「タコ」が繰り返し出来る事が関わっていると言われています。

同じ場所に長期間圧力がかかることで皮膚が固くなり、治らないまま更に圧力がかかり皮膚内に「芯」を築いてしまうのです。

この「芯」が神経に当たることで痛さを感じます。

この原因には「サイズの合わない靴」や「姿勢」や「歩き方」があります。

そして、魚の目の改善策は「皮膚科」に行くことです。決して自分で処置しないでください。魚の目は芯を全て取り除かない限り改善されません。

傷・傷跡の改善策

私たちの皮膚は日々生まれ変わっています。若ければ若いほど、その活動は活発なのです。これを「ターンオーバー」といいます。

子供は、怪我や傷がすぐ治るのはこうゆうことです。

しかし、年齢を重ねるごとにこのターンオーバーの働きが弱くなるのが現状。虫刺されがアザになってしまうのも、そのアザが消えにくくなるのもターンオーバーが弱っている証拠。

ターンオーバーの速度は、早すぎても遅すぎてもダメなんです。正常に行われていれば問題ないんです。

では、ターンオーバーが正常に行われるためにやるべきことをご紹介します。

「質の良い睡眠」「バランスの良い食事」「ビタミン摂取」「適度な運動」

ごくごく当たり前な生活スタイルですが、完ぺきに行う事って正直大変なんですよね。

そこで、傷跡を消すための近道をお話しします。

ビタミンはサプリメントで効率よく摂取する。傷跡には直接オイルを塗ってマッサージする。

サプリメントで内側から皮膚にアプローチし、マッサージで外側からアプローチをかける。この2つを行うだけで随分改善されますよ。

注目脚痩せグッズ情報

新着記事

ページ上部へ戻る