閉じる
  1. 子供美脚の為の習い事
  2. 子供を美脚にしたい
  3. 魚の目や傷跡の改善策
  4. 冬の脚むくみ
  5. 冷え性の原因は脚の形にあった!?
  6. 美脚モデルの裏技
  7. スキニーパンツは自分に合ったサイズを選ぶことが大事
  8. 短い脚でも長く見せる事ができる
  9. 足首が太い!!
  10. 脚脱毛のやってはいけないこと
閉じる

脚やせ・脚を細くする方法|美脚の学校

美脚になるための食事時間

みんな生活スタイルが違うように、食事の時間帯も人それぞれ異なります。しかし、食事をする時間には「太る時間帯」と「太らない時間帯」の2つが存在するのです。

脚痩せ・美脚を効率的に行うために、食事時間も見直す必要がありそうです。

1日の体のサイクルを知る

朝起きてから、夜眠るまでの生活のリズムを把握することから始めます。

人の体は、朝起きてから少しずつ代謝が上がっていきます。そして起床から7時間~10時間の時間帯に最も代謝の活動がピークを迎えます。

ピークを過ぎたら代謝はまた少しずつ下がっていき、起床から16時間~20時間が最も代謝の活動が低い時間帯になります。

例・「朝6時起床・夜11時就寝」の場合→午後の13時~16時が代謝の活動がピーク。夜の22時~2時が代謝の活動が一番低い。

例・「正午12時起床・深夜4時就寝」の場合→夜の19時~22時が代謝の活動がピーク。深夜4時~朝8時が代謝の活動が一番低い。

サイクルから導き出す食事時間帯

食べたものが脂肪にならずに消費できる時間帯は、代謝の活動が活発な時間帯です。

逆に、食べたものが脂肪として体に蓄積されやすい時間帯は、代謝の活動が低い時間帯です。

ここから導き出す毎日の食事時間は、「朝6時起床」少しずつ代謝が上がり始める「8時頃朝食」代謝の活動がピークを迎え始める「12時頃昼食」代謝の活動がピークを迎えた「15時頃おやつ」代謝の活動が低くなる前の「18時頃夕食」

このように、代謝の活動と食事の時間帯をバランス良くとることで、同じ食事メニューを食べても「太る」・「太らない」が大きく左右されます。

オススメの食事時間帯

代謝の活動がピークを迎えた「起床から7時間~10時間」

この時間帯は、最も代謝が良くカロリーが消費されやすいので「昼食・おやつ」は好きなものを気にせずに食べることができます。

朝食~昼食の時間の間隔が、昼食~夕食の時間の間隔よりも短いのは「代謝の活動時間」が関係していたのです。

気をつけたい食事時間帯

代謝の活動が低下し始めて、ほぼ活動をしなくなる「起床から16時間~20時間」

この時間帯に食事をすることはオススメできません。どうしてもお腹が空いて眠れない場合は、「水を飲む」・「ワカメやコンニャクなどの低カロリーのものを食べる」

まとめ

朝食はしっかり食べて、昼食は好きなものを食べて、おやつは大丈夫!夕食は糖質・脂質を控えめに、そして夜食はNG!!

くれぐれも暴飲暴食には気をつけて、美味しく健康的な食事時間を作ってください。

関連記事

  1. これを食べて脚の冷えむくみ解消

  2. 脚痩せしたいなら間食しない!

  3. キレイな脚は骨から「カルシウム」

  4. 脚痩せしたいなら野菜から食べる

  5. 天然オイルで脚保湿 脚美容

  6. 脚痩せ食事法・炭水化物は太らない

新着記事

ページ上部へ戻る