menu
閉じる
  1. 子供美脚の為の習い事
  2. 子供を美脚にしたい
  3. 魚の目や傷跡の改善策
  4. 冬の脚むくみ
  5. 冷え性の原因は脚の形にあった!?
  6. 美脚モデルの裏技
  7. スキニーパンツは自分に合ったサイズを選ぶことが大事
  8. 短い脚でも長く見せる事ができる
  9. 足首が太い!!
  10. 脚脱毛のやってはいけないこと
閉じる

脚やせ・脚を細くする方法|美脚の学校

太ももの内側を細くするストレッチ

太ももには様々な筋肉が張り巡らされています。今回は太もも内側の筋肉「内転筋」・「大腿四頭筋」を引き締めるストレッチを紹介します。

ストレッチ効果を上げるポイント

まず、ストレッチを始める前に「柔らかくなるように揉みほぐす」

太もも部分は、大きな筋肉があり脂肪が厚く皮膚が硬いです。なので揉みほぐす際に痛みを感じる人も少なくないです。

少しずつでいいので、手で掴み膝から足の付根に向かって揉みほぐしてください。「筋肉の緊張を和らげる効果」「脂肪を刺激する効果」「リンパを流す効果」が期待できます。

太もも内側が痩せるストレッチ方法

「床に仰向けになる」「両脚を揃えて、つま先が天井を向くように真っ直ぐ上げる」この時体と脚は90度の直角→「両足をゆっくり左右に開いていく」空中で開脚の状態→「痛いところまで開いたら、ゆっくり元に戻す」

脚を開いて閉じる動作を繰り返し行います。この時、太ももの内側の筋肉を意識して行ってください。

脚を曲げたり、脚が胸のほうに下がらないように注意してください。必ず90度で真っ直ぐ伸ばして行います。

テレビを見ながら、携帯を操作しながら簡単にできるので、脚が疲れるまで回数をこなせると思います。

家事や歯磨きをしながら出来る太ももストレッチ

足を肩幅に開いて立った状態で、腰を落とし中腰の姿勢になります。中腰を最低5秒キープしたら元の体勢に戻します。

この動作を繰り返します。5秒以上続けられる場合は、続けられるまで何秒でも行ってください。

この時背筋は真っ直ぐ伸ばし、体が前に傾かないように注意してください。

まとめ

これらのストレッチは、筋肉を意識して「ゆっくり」行うのがポイントです。

そして毎日継続できるように、日常に取り入れることが大事です。

紹介した2つは両脚を同時にストレッチできるので、時間短縮・両脚をバランスよく細くする効果があります。

注目脚痩せグッズ情報

関連記事

  1. 脚太り・筋肉型

  2. 脚痩せ運動を効率よく行うポイント

  3. 太もも全体を細くして美脚を作る方法

  4. 脚を細く魅せるテクニック

  5. 短い脚でも長く見せる事ができる

  6. 足首が太い!!

新着記事

  1. kodomo-asi
  2. kodo-bikyaku
  3. fuyu-asi
ページ上部へ戻る