閉じる
  1. 子供美脚の為の習い事
  2. 子供を美脚にしたい
  3. 魚の目や傷跡の改善策
  4. 冬の脚むくみ
  5. 冷え性の原因は脚の形にあった!?
  6. 美脚モデルの裏技
  7. スキニーパンツは自分に合ったサイズを選ぶことが大事
  8. 短い脚でも長く見せる事ができる
  9. 足首が太い!!
  10. 脚脱毛のやってはいけないこと
閉じる

脚やせ・脚を細くする方法|美脚の学校

運動で脚が太くなる人

ダイエットのために運動しても、何故か脚が痩せない人・逆に太る人…これ以上続けるのは無駄です。続ければ続けるほど、どんどん太くなりカチカチに固い脚になってしまいます。

しかし、改善策はないの?と諦める必要はありません。そんな人は「意識する筋肉」を変えてみましょう。

筋肉と脂肪の関係

筋肉を動かすと脂肪が燃焼されます。そして筋肉を鍛えれば鍛えるほど燃焼される脂肪の量も増えていきます。

これは、筋肉を動かすことで体のエネルギーが使われる事で起こります。そのエネルギーの働きが脂肪を燃やすことに繋がるのです。

しかし、この働きにはあまり知られていない大きな落とし穴が存在します。

使った筋肉の部位が痩せるとは限らない

脚を鍛えれば脚が痩せる!体を動かせば体が痩せる!と誰もが思いがちです。実際部分痩せが成功するパターンもありますが、中には失敗するパターンも多く見られるのが事実なのです。

私達の体は、健康に生きていくために体が判断し機能しています。頭では脚を細くしたいと思っていても体はその通りに働いてくれません。

体のエネルギーが消費されると体は脂肪を燃やし始めますが、その脂肪を燃やす場所は「必要のない場所」から順に燃やしていきます。

なので、ジョギングをして脚を鍛えてもお腹が痩せたり、ダンスで全身運動をしても顔が痩せたり、腹筋でお腹を鍛えても腕が痩せたり…

このように、使った筋肉の場所が必ず痩せるとは限らないのです。

筋肉体質

筋肉を使えば使うほど筋肉の量が増しどんどん太くなる筋肉質の場合、激しい運動はダイエットには向きません。

筋肉をほぐし柔らかくするストレッチが望ましいと思います。

筋肉は脂肪よりも重たいですから、体重も増える原因になります。

意識する筋肉を変える

走る時はふくらはぎの筋肉を使いがちですが、この時太ももを意識して走るようにしてみましょう。

こうすることで、ふくらはぎ太り・ししゃも脚は回避できます。

まとめ

モデルさんの中には、幼少期から運動はせずに筋肉をつけないようにしてきた人もいます。あえて筋肉をつけずに気をつけたことで、スラリとした長い脚を手に入れることが出来たんだと思います。

関連記事

  1. 菜々緒 美脚の秘訣

  2. この冬知っておきたい 脚太りを防ぐ3つの法則

  3. 学校の授業中に出来る美脚を目指す方法

  4. 脚痩せ足首マッサージ

  5. ふくらはぎを細くするストレッチ

  6. あなたの脚は〇〇太り!?

新着記事

ページ上部へ戻る