menu
閉じる
  1. 子供美脚の為の習い事
  2. 子供を美脚にしたい
  3. 魚の目や傷跡の改善策
  4. 冬の脚むくみ
  5. 冷え性の原因は脚の形にあった!?
  6. 美脚モデルの裏技
  7. スキニーパンツは自分に合ったサイズを選ぶことが大事
  8. 短い脚でも長く見せる事ができる
  9. 足首が太い!!
  10. 脚脱毛のやってはいけないこと
閉じる

脚やせ・脚を細くする方法|美脚の学校

この冬知っておきたい 脚太りを防ぐ3つの法則

脚太りの急増率が最も多い季節は「冬」だった!

私の友人、知人、家族、親戚、会社の同僚である20代~50代女性にアンケートをとった結果、圧倒的な割合で「冬の脚太りに悩んだことがある」という回答が多かったです。

それと同時に、「冬に脚痩せダイエットを意識する」という答えが多数あがりました。

では、なぜ冬に脚が太るのか?脚太りを防ぐ為にその原因を突き止めましょう。

冬に脚が太る3つの原因

  • 冷えによる血行不良
  • 血行不良によるむくみ
  • 運動不足による脂肪の不燃焼

「冷えによる血行不良」冬はとにかく寒い、冷え性ではない人でも冬は冷えます。特に足の冷えは全身に送る為の血液の流れが、正常に機能しなくなってしまうトラブルを引き起こします。

冷えを改善しないまま放置すると「むくみ」へと発展します。「むくむ」という事は、血液循環が悪くリンパが上手に流れていかない、結果「余分な水分・老廃物」が蓄積されて脚が浮腫んでしまう。それが「太く見える」原因となっているのです。

そして冬は運動量が極めて減少する季節。夏場の活発な活動に比べ、屋内で過ごす日が多くなり、更に部屋の中でも一定の場所で長時間過ごす傾向がみられます。とにかく寒いから布団から出たくない・こたつで過ごす・外出は控えてしまう。この行動が太る原因なのです。 

運動不足が続くと、新陳代謝が悪くなり筋肉の活動が弱まって脂肪が燃焼されず脂肪の蓄積に繋がっていきます。

冬に後悔しないために、脚太りを予防していきましょう!

脚太りしない!効果的な3つの方法

(1)とにかく脚を冷やさない!寒さ対策保温対策

お風呂で温まる・発汗作用のある食事を摂る・靴下やタイツで脚を守る・適度に動いて体を温める・サプリメントで代謝をあげる

(2)むくんだ脚は即改善

浮腫んでしまったら放置しないで!むくみは蓄積します。むくみに気づいたその日にマッサージしてください。そして、むくみにくい脚作りをしましょう。

(3)寒くても体を動かす

冬の冷えやむくみで血行不良を起こしている体は、たくさん動かして代謝の活動を促しましょう。筋肉を動かすことで、むくみの改善にも繋がります。

この3つの事から、冬の脚は本来の機能が低下し、凝り固まって、老廃物が蓄積されているイメージです。

これらに気をつけて生活を送るだけで、冬の脚太りに悩まされる事もなくなると思います。それと同時に、健康で若々しい美脚を手に入れることが出来ると思います。

脚太り予防のオススメアイテム

  • 体の芯から温まる根野菜たっぷり鍋
  • 代謝を上げるサプリメント
  • 発汗作用のある入浴剤
  • 足用湯たんぽ
  • 冷えとむくみに効く着圧ソックス
  • 外出先でも予防できる着圧ストッキング、タイツ
  • マッサージクリーム
  • かかとなしスリッパ

他にもたくさんのグッズがあります。自分に合うものを見つけ、お助けアイテムとして活用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに…一番のオススメはコレ!

それが着圧系アイテムになります。着圧ソックス・着圧タイツ・着圧ストッキングなど。

着圧の魅力は、履くだけで冷え予防・むくみ予防・引き締め効果が実現する事!!もちろん、すでに冷えてしまった足にも、むくんでしまった脚にも効果があります。

食事やサプリ、運動は毎日続かない…、おサイフと相談すると定期的に購入するものは無理…。こんな場合でもソックスやタイツなら、ただ履くだけで楽ちんです。

そして効果も非常に高い!
食事やサプリでは体質によって効果のある人・全く効果のでない人とわかれますが、着圧アイテムはあまり個人差がないのが特徴です。この冬、是非試してみてはいかがでしょうか。

⇒【絶対】美脚になれる着圧グッズおすすめベスト5がこちら♪

注目脚痩せグッズ情報

関連記事

  1. 太もも全体を細くして美脚を作る方法

  2. bikyaku-urawaza

    美脚モデルの裏技

  3. むくみ対策・むくみが出にくい体づくり

  4. 男は女の脚を見る

  5. ボディクリームを選ぶ基準

  6. 美しいレッグラインを保つ秘訣

新着記事

  1. kodomo-asi
  2. kodo-bikyaku
  3. fuyu-asi
ページ上部へ戻る