menu
閉じる
  1. 子供美脚の為の習い事
  2. 子供を美脚にしたい
  3. 魚の目や傷跡の改善策
  4. 冬の脚むくみ
  5. 冷え性の原因は脚の形にあった!?
  6. 美脚モデルの裏技
  7. スキニーパンツは自分に合ったサイズを選ぶことが大事
  8. 短い脚でも長く見せる事ができる
  9. 足首が太い!!
  10. 脚脱毛のやってはいけないこと
閉じる

脚やせ・脚を細くする方法|美脚の学校

美脚に見えるボトムスの選び方

こんな経験ありませんか?とくに太ったり痩せたりしていないのに、着る服によって脚が太く感じたり細く感じたりすること…。

これは脚だけではなく腕や首、ウエストなども同じ事が言えるのだと思います。ではナゼそのように見えてしまうのか!それは目の錯覚が引き起こしているのです。

例えば、大きめのメガネをかけると小顔に見える・つばの広い帽子をかぶると小顔に見える・大ぶりの指輪をはめると指が細く華奢に見える・厚手のマフラーを巻くと首が細く見えるなど、人は1つのものを単体で見るのではなくて必ず何かと比較して物を見る事があります。

これを対比効果といいます。

では、この対比効果を利用して脚を細く長く見せる為に適したボトムスの選び方を紹介します。

履いた時に太ももと生地の間に少し空間をもたせる

ショートパンツを履いた時の場合は、脚とショートパンツの間に隙間を作ることによって余裕感が生まれます。それにより脚と幅の広いショートパンツが比較され、より脚を細く見せる事が出来るのです。さらに脚の細さを際立たせたい時には、ロールアップしてよりボリュームを出す事をオススメします。

エアリー感やボリューム感を出す

ミニスカートや膝上丈スカートを履いた時の場合は、ピッタリとしたタイトスカートではなくプリーツスカート・フレアースカート・バルーンスカートなどエアリー感やボリューム感のあるスカートを履くことによって脚を細く見せる効果が高まります。

マイクロミニは脚長効果がありますが、足の付根あたりギリギリの丈なので太ももの一番太い部分を露出させてしまいかえって太さが強調されるので美脚ラインを重視される場合は避けた方が無難です。

ミモレよりもミディやマキシがオススメ

膝下丈スカートを選ぶ場合はミディ丈、マキシ丈がイチオシです。ミモレ丈は女性らしくとても魅力的なのですが、ふくらはぎが太ももと同じくらいの太さ、あるいはふくらはぎの方が太い場合はミニスカートを履いた方がスリムに見えます。

またミモレ丈をキレイに履く場合は、足首を隠さずにくるぶしを出して履ける&ヒールがある&つま先が尖ったデザインのものを持ってくると、膝下が長く細く見え脚長効果が出ます。

ミディやマキシは脚を隠せて尚且つ脚の中でも一番細い部分のくるぶしを強調する事が出来ます。細い部分だけを出すことによってその人の脚のイメージが細い部分だけに集中するので、足全体が細いんだろうと人は判断します。

隠れたものは実際には見えないので想像しかないのです。なので脚に自信がない出したくない方は、ミディ丈やマキシ丈で美脚効果を狙ってください。

注目脚痩せグッズ情報

関連記事

  1. 色の統一を意識することで脚長効果のあるファッションが完成する

  2. タイツを履くと白い粉!?白い粉の正体は!?

  3. 脚を細く長くみせる方法はコレ!!

  4. 脚を美脚に綺麗に見せる靴の選び方

  5. 脚を細く長くみせるボトムスの履き方

  6. 脚を細く魅せるテクニック

新着記事

  1. kodomo-asi
  2. kodo-bikyaku
  3. fuyu-asi
ページ上部へ戻る