menu
閉じる
  1. 子供美脚の為の習い事
  2. 子供を美脚にしたい
  3. 魚の目や傷跡の改善策
  4. 冬の脚むくみ
  5. 冷え性の原因は脚の形にあった!?
  6. 美脚モデルの裏技
  7. スキニーパンツは自分に合ったサイズを選ぶことが大事
  8. 短い脚でも長く見せる事ができる
  9. 足首が太い!!
  10. 脚脱毛のやってはいけないこと
閉じる

脚やせ・脚を細くする方法|美脚の学校

脚を細く長くみせるボトムスの履き方

同じスカートなのに…同じショートパンツなのに…着る人によって見え方が全然違うのはナゼだろう。同じ洋服を着ているのにイメージが異なる、それは着こなしに差があるからです。着こなし術を身につけて、脚長効果・脚痩せ効果のあるボトムスの履き方をマスターしましょう。

ボトムスはハイウエストで着る

元々ハイウエスト仕様ではない洋服も、できるだけ骨盤~骨盤の上あたりを目安に履く事をオススメします。

ボトムスのトップの部分が、その人のウエスト部分なんだなと人は連想させます。もし腰履きをした時の場合の第一印象はウエストの位置が下に下がって見え、そこから下が脚なんだなと勝手に印象づけてしまう人間の心理なのです。

反対にウエスト位置を上げる事によって、地面からウエストの長さが伸び=脚が長く見えるという事に繋がります。

目線をウエストラインに向ける

ウエストラインに目線を向けさせるというのは、【ここがウエストなんだ】とより強調させることです。

強調させることによって、より脚の長さを連想させやすくなります。方法は、ベルトを巻く・シャツやカーディガンをウエストで結ぶ・インパクトのあるボタンなどをウエスト位置につける、などがあります。少し注目を上に向けさせるだけで、印象は大きく変わります。

ワンピースの場合は、高い位置に切り替えがついているデザインのものがオススメです。
切り替えがない場合は、ベルトをつけたりリボンなどインパクトのある小物もつけるのがいいですね。洋服とベルトは、できるだけ同系色にならないように色のメリハリが出るように選ぶ事で効果は高まります。

注意点

しかし、ここで注意点が2つあります。これを間違ってしまうとせっかくの着こなしが台無しになってしまうので、気をつけてほしいポイントです。

極端に短いスカートやショートパンツは避ける

ウエスト位置を上に上げれば、自然と露出する脚の面積が増えます。丈が上がり太もも上部からお尻にかけての部分が強調されてしまうと逆に脚が太く見えてしまうのです。細く見える丈の長さは人によってそれぞれ異なります。自分の脚が細く長く見えるベストな丈の長さを把握していれば、どんな洋服も上手に着こなせます。

ベストな丈を知る方法は、スカートを用意し鏡に前に立ち少しずつスカートを上に上げていきます。

ある程度太ももまで上げていくと脚のラインが急激広がり変わる場所があります、その部分の1センチ下が自分のベスト位置です。自分の脚を良く観察して、出した方がいい部分と隠したほうがいい部分を把握しましょう。

ウエスト位置は極端に上げ過ぎない

ウエスト位置を上げろと言ったり上げ過ぎるなと言ったり、どっちなんだ!と思いますよね。でも微妙な位置のズレが良い着こなしと残念な着こなしを大きく分けるポイントなのです。

上げすぎる事によってウエストのくびれが隠されてしまう、くびれがなくなってしまう。

女性特有の魅力であるウエストラインのくびれをキレイに出せないのは正直もったいないです。せっかくキレイに脚を見せても、ウエストのくびれが見えなかったらトータルスタイルが完成しません。

ウエストラインやウエストの形は身長や体型によって人それぞれです。人それぞれにウエストラインのきれいな見せ方があります。くびれの湾曲の始まりの部分は隠さずに湾曲の中間または終わり部分にウエストの履く位置を持ってきます。そうすることによって全体の体のラインをキレイに見せる事が出来ます。

まとめ

このようにほんの少しの工夫次第で、同じ洋服でも全く違った見せ方が出来る。バランスを調整する事でスタイルアップにつながっていくのです。

注目脚痩せグッズ情報

関連記事

  1. 脚を細く長く魅力的に下半身を見せるファッション

  2. 脚が3cmは長く見える!美脚効果のある靴の選び方

  3. タイツを履くと白い粉!?白い粉の正体は!?

  4. 色の統一を意識することで脚長効果のあるファッションが完成する

  5. 短い脚でも長く見せる事ができる

  6. 脚を美脚に綺麗に見せる靴の選び方

新着記事

  1. kodomo-asi
  2. kodo-bikyaku
  3. fuyu-asi
ページ上部へ戻る